株式会社協和地質

SERVICES業務案内

地質調査と解析OUR SERVICE

さまざまな調査・解析技術と豊富な経験に基づき、
施設を支える地盤や斜面の安全性を評価し、適切で有益な地盤情報を迅速に提供します。

  • 現地調査|株式会社協和地質

    現地調査

    現地調査は、地質調査計画ひいては設計・施工計画を立案する事前調査の一端となります。調査地点のみならず、その周辺地域を踏査し、現況地形から推察する地形の改変状況、地質・土質の判別と成層過程の概念、沢や湧き水など表流水や地下水の有無、植生、人工開拓や土地利用状況など地形・地質・周辺概況から大局的な問題点を見出します。この結果が今後の作業の方向性を位置付ける基本資料となります。

  • 調査・解析|株式会社協和地質

    調査・解析

    解析とは、ボーリング調査結果・各種試験結果・資料等に基づき、判定、工法選定等の高度な技術力に要する業務です。調査・試験・解析技術と豊富な経験に基づき、施設を支える地盤や斜面の安全性を評価し、適切で有益な地盤情報を提供します。

    主な調査・解析業務

    ○軟弱地盤解析:沈下解析・安定解析・対策工計画検討
    ○地すべり防災:災害調査・斜面防災調査
    ○保全維持:ため池・橋梁・切土・法面・トンネル等の劣化診断調査、解析、評価
    ○耐震調査解析

  • ボーリング

    地層構成・地下水位・支持増の
    深さ等を把握する。

  • 原位置試験

    地盤の性質・強度を測定する。

  • サンプリング

    室内土室試験(物理・力学試験)に
    用いる資料を採取する。

  • 室内土室試験|株式会社協和地質

    室内土室試験

    採取した乱れの少ない試料を用いて物理・力学試験を実施し、土の特性を把握します。物理試験は土の判別や現状における状態を予測することができ、液状化判定に必要な粒度組成や粒径が得られます。力学試験は圧縮強さ、せん断密度、圧密特性が得られ、地盤の安定検討における地盤定数を把握することができます。

  • スウェーデン式サウンディング試験|株式会社協和地質

    スウェーデン式
    サウンディング試験

    スウェーデン式サウンディング試験は地盤にロッド(鉄の棒)を垂直に突き刺し、その沈み方から地盤の硬軟や締まり具合を調査します。ロッドがスムーズに沈んだ場合は地盤が弱いと判断し、逆に沈みにくかった場合は地盤が固いと判断します。適応範囲はGL-10.0m程度です。

  • 土壌・地下水汚染調査

    土壌・地下水汚染調査では、各段階ごとの調査を経て得られた結果に応じて解析・提案をいたします。

    • 第1段階
      (地歴調査)

      資料調査(過去から現在までの土地の登記簿謄本、空中写真、地形図及び住宅地図の収集・整理)、聴き取り調査、現地調査により、土地の利用状況・特定有害物質等の使用履歴等を把握し、土壌汚染のおそれの区分を行います。
      対象サイトの「おそれの区分の分類」により、土壌汚染状況調査の計画を作成し提案します。

    • 第2段階
      (表層土壌調査)

      地歴調査の結果、把握された汚染のあるおそれの区分に基づいて、土壌ガス調査(揮発性有機化合物を対象:土壌ガス採取および土壌ガス分析)および表層土壌調査(貴金属類、農薬等を対象)を実施し、土壌汚染の有無と特定有害物質の把握を行います。

    • 第3段階
      (深度方向調査、詳細調査含む)

      土壌ガス調査および表層土壌調査で確認された特定有害物質の平面的な分布状況を基に、深度方向のボーリング調査(原則として10m深度まで)を行い、汚染の深度分布を把握します。また、地下水を採取して分析を行います。

    • 第4段階
      (地盤解析・対策工提案)

      土壌・地下水汚染の分布、確認された特定有害物質の種類等に応じて汚染地盤の措置について検討・提案します。

  • その他 実施項目

    • 品質管理
    • 平坦性試験
    • 簡易支持力測定試験
    • 平板載荷試験
    • 地下水調査

精緻な調査と解析技術で、あらゆる地盤の問題に取り組む。
地質調査と解析なら、協和地質におまかせください。